カテゴリー:【Love♡blood

【Love♡blood ~私と彼の出逢い~】 A型女×B型男 血液型攻略エッセイ050 <占い/Love♡blood>

 

血液型攻略エッセイ  Love♡bloodラブラッド ~私と彼の出逢い~

この血液型攻略エッセイは、それぞれの血液型4種類の男女が出逢い、付き合い、そして結婚するまでの人生を、4×4=16のストーリーとして、紹介していくもの。16組の恋の始まりは同じ出会いの場なのに、血液型の違いから全く違った未来になって行く…それぞれの血液型の男と女が織りなす恋物語を、ストーリーテラーが紡いでいきます。さあ、それでは今日も「16通りの運命の扉」を開いてみましょう!

 

(登場人物)
A型女性:秋山唯あきやまゆい 愛称:ゆっち 25歳 山羊座 医療事務職
B型男性:久本直樹ひさもとなおき  愛称:なお 27歳 魚座 営業職

 

【Case 1-2.A型女性・秋山唯とB型男性・久本直樹の付き合い②】
 

そして交際へ……

 

久本さんからLINEが返ってくる。

「じゃあ、今から支度して11時に向かうけどいい? 待ち合わせ場所はどこにしようか?」

本当に来る気なんだ、この人。
さすがに初対面の男性を家にあげるわけにはいかない。

どうしたものかな。

矢継ぎ早に彼からさらにLINEが。

「もちろん、何もしないから心配しないで(笑)」
そして、“OK?”とスタンプ

チャラい。でも、どこか憎めないんだよな、久本さんって。

『有難うございます。じゃあ、近くのファミレスで待ち合わせはどうですか?』
場所のリンクを送る。

「分かった! じゃあ2時間後に! あ、そのままの格好でいいからね^^」

そんなわけにはいかないでしょ、もう!
何だかなぁ……
でも、そんなに嫌じゃない。

頭痛も収まったし、そろそろ準備をしようか。

重たい頭を覚ますため、シャワーを浴びてから着替える。
あんまり張り切ってると思われるのはシャクだから、地味目のコーデでいこう。
メイクもバッチリするのは面倒だから、ナチュラルで……。

「今から出るよ~」

久本さんからLINEが送られてくる。

ふと掛け時計に目をやる。
もう10時半か。

何だかんだで準備に時間がかかってしまった。
相手はあの久本さんとは言え、やはり男性と二人きりで会うのは緊張する。

待たしちゃったら悪いしな。
そろそろ出ようか。

『はい、お気をつけて』

とだけ返信し、玄関へ。
そこでふと気づく。

もし、、万が一だけど。
彼が家に来たらヤバイな、これ。

そこまで散らかってはいないけど、さすがに少しは片付けていこうか。

10分ほどのクイック片付け。
何で私、こんなことまで考えて掃除してんだろ。

少し自分がおかしくて笑ってしまった。

10時55分。近くのファミレスに到着。

「いらっしゃいませ! 何名様ですか?」

店員さんが尋ねてくる。
店内を見渡してみると、まだ久本さんは来ていないようだ。

『2名です。もう一人は後から来ます。』

「お煙草は吸われますか?」

う~ん、多分、久本さん喫煙者だよね……
私はタバコ、苦手なんだけど。

『はい……』

ちょっとガマンすればいいか。
喫煙席へ通される。

ドリンクバーを注文していると……

「お疲れ!」

聞き覚えのある声が。久本さんだ。

『お疲れ様です』

「あ、すいません、ドリンクバーもうひとつ追加で。」

「かしこまりました」

店員さんに勢いで頼む彼。
すごいなぁ、このフットワークの軽さ。

「待った? 二日酔い大丈夫?」

ニコニコしながら聞いてくる。

『朝はきつかったけど、今は大丈夫です。』

「そっか、良かった…… ね、どうしてゆいちゃんさ、喫煙席にしたの?」

意外な質問だきた。

『え、、だって久本さん、タバコ吸うかなって思って。』

「お~!!」

突然大きな声を出す。少し恥ずかしい。

「オレ、感激だわ! ゆいちゃんのそういうとこ、すげ~好き!」

『な…』

“すげ~好き”って。
……よく言えるなぁ。

男の人から“好き”だなんて言われたの、数えるくらいしかない。

「ゆいちゃんて、ホントよく見てるよね。周りのこととか。オレ自分のことしか気づかないから尊敬する」

『いや、そんな……』

「あ、ドリンクバー何飲む? 持ってくるよ」

『えっと… じゃあ紅茶でお願いします。』
「オケ!」

そういうと、彼はすぐにドリンクバーへと駆けていき、カップを二つ手に持ってすぐに席へ戻ってきた。

「はい、紅茶」
『有難うございます』

「ねぇ、ゆいちゃん、敬語無しにしようよ。もうオレたち友達じゃん?」
『え? うん。わかった。』

何だろう、終始久本さんのペースだ。
彼が色々話をしてくれるけど、私は相づちを打つことしかできない。

「いやぁ、ゆいちゃんって聞き上手だよね。オレ、自分の話ばっかペラペラしゃべってゴメンね~」

『そんなことないよ』

「じゃあさ、ゆいちゃんのこと聞かせてよ、凄く興味ある!」

……そこから30分近く、私は自分のこと、子供時代のこと、将来の目標を彼に語った。いずれ上級職に転職したいと考えていることも。

この人といると、不思議と何でも話ができる。

「ふ~ん、そうなんだ。深いね。俺も今は営業だけどさ、いずれは独立したいって考えてるんだ」

『へ~! 何の仕事?』

「飲食。そば屋だよ。オレ、そば屋に憧れててさ。」

『本当?』
「うん、ホント。」

『意外~』
「でしょ?」

「つ~かさ」

久本さんが言葉を溜める。

「オレたち、付き合わない?」

『へ?』

唐突過ぎて、変な声が出る。

「こんなに話が合うんだもん。出会ってまだ間もないけど、時間は関係ないと思うんだよね。」

『う~ん……』

「ね?」

テンポの違いに動揺しつつも、内心嬉しかった―――

(Case 1-2 終)

■ストーリーテラーからの一言
A型女子は異性に対して心を開くのに、少し時間がかかってしまうタイプ。対して、B型男子はすぐにオープンになれるのが特徴。一見かみ合わなそうに見える二人ですが、どちらも相手に気を遣う点は共通しています。そんな性格がハマれば、驚くほどハイペースに恋愛関係へと進んでいくでしょう。初めはガードが硬かったA型女子も、次第に心を開いていくはず。

 

(脇田尚揮/ライター)

⇒A型女×B型男の詳しい相性はこちら
⇒A型女×B型男の第一話はこちら
 


トレフォロ恋愛相談室LINE
お悩み受付中!LINE登録 ▶︎Click♡◀︎
  1. 登録されている記事はございません。

関連記事

#ファッション
#PC 周辺/家電
#資格/スキル
#健康
#医療
#出会い/ウェディング
 
 
#弁護士/債務整理
#サービス
#ダイエット
#スキンケア
#エステ
#健康食品
#脱毛
#サイドビジネス/FX
ページ上部へ戻る