【Love♡blood ~私と彼の出逢い~】 A型女×A型男 血液型攻略エッセイ049 <占い/Love♡blood>

カテゴリー:【Love♡blood

【Love♡blood ~A型女×A型男~】 第4話 そして交際へ… 血液型攻略エッセイ049 <占い/Love♡blood>

 

血液型攻略エッセイ  Love♡bloodラブラッド ~私と彼の出逢い~

この血液型攻略エッセイは、それぞれの血液型4種類の男女が出逢い、付き合い、そして結婚するまでの人生を、4×4=16のストーリーとして、紹介していくもの。16組の恋の始まりは同じ出会いの場なのに、血液型の違いから全く違った未来になって行く…それぞれの血液型の男と女が織りなす恋物語を、ストーリーテラーが紡いでいきます。さあ、それでは今日も「16通りの運命の扉」を開いてみましょう!

 

(登場人物)
A型女性:秋山唯あきやまゆい 愛称:ゆっち 25歳 山羊座 医療事務職
A型男性:山岡誠やまおかまこと  愛称:まこちん 28歳 乙女座 教師

 

【A型女性・秋山唯とA型男性・山岡誠の付き合い②】

 

そして交際へ……

 

今朝は、いつもよりも1時間早く目が覚めた。

レースのカーテン越しに見える朝焼けの空はどこか晴れやかで、私の高揚する心を反映しているかのようだ。

そう、今日は山岡さんとランチの約束を取り付けている。

同僚と食事することはあったけど、男性と二人きりの時間を過ごすのは何年ぶりだろう。嫌がおうにも緊張する。

ベッドから身体を起し、大きく伸びをする。

何着ていこうかな、なんてことを考えつつ、軽く朝食を済ませて、お風呂に入る。

考えてみると、私はデートの時に着るような服をあまり持っていないんだなぁ。
クローゼットの中を見ながら、溜め息をつく。どれもシックで似たような服ばかりだ。

可愛らしいのを一着くらい買っとけばよかったな……

鏡の前で合わせてみて色々悩んだ結果、グレーのワンピースが一番しっくりくる。
メイクもそれなりに力を入れてみるけど、変わり映えしない。

昔から無難な格好が好きだった。自分に自信が無いから。

そうこうするうちに、もう11時。
約束の時間まで1時間を切った。

『行かなくちゃ』

急ぎ足で家を出て渋谷へ向かう。

楽しみだなぁ。
でも、気合いが入り過ぎてると思われるのは、恥ずかしい……から落ち着いていこう。

待ち合わせの時間10分前にハチ公前に到着。
そこには既にジーンズにポロシャツ姿の山岡さんがいた。

何分前から待ってたんだろう。
律儀な人だなぁ。

『こんにちは。』

スマホに目を向けている彼の近くに行き、声をかける。

「あっ、秋山さん、どうも! 今日はすいません、わざわざ来てくださって……」
『いえいえ、こちらこそ……』

お互い遠慮しながら、差し障りのない会話を交わす。

「じゃあ、行きましょうか。ここから5分くらいのとこにあるんですよ」

彼が行動を促し、ふたり歩き始める。
少し距離を保ちながらも、離れないように。

かなり気を遣ってくれているのがわかる。
出会った当初から印象の良い人だとは感じていたけど。

「ここです。入りましょう」

路地裏に面した場所に、緑色の看板で“モンマルシェ”と書いてある。
これは美味しいやつだ……!

お店の中は小さいながらも清潔で、グリーンが目に優しい。

「ここのオムライスが絶品で、教員に成り立ての頃からファンなんですよ」
『そうなんですね! 楽しみ~』

「あ、でも秋山さんは昨日もオムライス食べたんですよね、別々のものを注文してシェアしませんか?」

『そうですね、、何が良いんだろう?』

「ここは煮込みハンバーグもおススメです!」

『ホントですか? じゃあ、私はハンバーグで!』

それぞれ注文を済ませて、冷水を一口飲む。
やっぱり男の人を目の前にすると緊張しちゃう。

「ところで、秋山さんは料理よく作られるんですか?」

彼が嬉しそうに尋ねてくる。

『なるべく自炊するようにはしていますけど、腕のほうはイマイチです……』

「でも、すごく美味しそうでしたよ、昨日のオムライス。私は料理からっきしだからなぁ。」

自分を飾らない素朴な人。
山岡さんって、一緒にいて安心できる……。

テーブルの上にハンバーグとオムライス、そしてミニサラダが並ぶ。
さすが洋食屋さん。出来が違う。

鼻腔をくすぐる香りに、美しく盛り付けられたプレートが目を引く。

「良ければ私が分けましょう」
『あっ、有難うございます』

山岡さんが取り分けてくれる。

「じゃあ、いただきます!」
『いただきま~す』

ん…… これは、美味しい!
彼の言う通り、絶品だ。

『お~いし~!』
「ね、美味しいでしょ?」

ニッコリと微笑む彼。

「これだったら、毎日でも食べられちゃいますよね」
『ホント! どうすればこんなに美味しくできるんだろう』

「でも、秋山さんのオムライスも美味しそうでしたよ」
『そんなことないですよ~』

「いえ、作ってもらえたら、私、残さず食べますよ」
『あはは、私も食べてもらえるなら、毎日作っちゃうかも。』

「……良ければ、今度…作ってもらえませんか?」
『えっ…』

意外な反応に一瞬戸惑う。

「付き合って下さいってことです」

山岡さんが真顔になる。

『はい…私で良ければ……』

これが私と彼との“はじまり”だった―――

■ストーリーテラーからの一言
A型男子とA型女子は、好意をもっていてもそれを表現しないので、なかなか恋愛にまで発展しにくい相性だと言えます。見ていて周囲がやきもきするくらいでしょう。でも、ふたりきりの時間を過ごすことで、自然と打ち解けて本音で語り合えるように。お互い好印象を持ちやすいため、思いを告げられたらスムーズに付き合いへと進んでいくはず。問題はきっかけがどこにあるか、なのかもしれません。

 

(脇田尚揮/ライター)

⇒A型女×A型男の詳しい相性はこちら

⇒A型女×A型の第一話 プロローグ
⇒A型女×A型の第二話 合コンにて
⇒A型女×A型の第三話 付き合いのきっかけ


トレフォロ恋愛相談室LINE
お悩み受付中!LINE登録 ▶︎Click♡◀︎
  1. 登録されている記事はございません。

関連記事

#ファッション
#PC 周辺/家電
#資格/スキル
#健康
#医療
#出会い/ウェディング
 
 
#弁護士/債務整理
#サービス
#ダイエット
#スキンケア
#エステ
#健康食品
#脱毛
#サイドビジネス/FX
ページ上部へ戻る