カテゴリー:【レビュー】【生活/雑貨

【新タバコ】流行最先端 今年発売のPloom TECHはiQOSよりオススメ <レビュー/生活>


 最近喫煙者の居場所がなくなってきたと感じることが多くなってきていませんか?
政府の発表では2020年までに外での喫煙は全て禁止にするというものすらあります。実現しないとは思いますが喫煙者の居場所が少なくなってきているのは事実です。
 
しかし、副流煙の心配がいらない電子タバコPloom TECH2016年3月から発売しているのを知っていましたか?
販売直後から品薄状態が続いているPloom TECHについて紹介していきます。
 

①Ploom TECHってどんなもの?

JTが販売する「たばこベイパーツール」です。
TobaccoVapor(たばこベイパー)とはタバコ葉由来の成分を含む霧状のもののことを言います。灰も煙も出ないので、周りに迷惑がかかりません。臭いもないので周りを気にせず吸うことができます。


このプルームテックを使用するには「専用バッテリー」と「たばこカプセル」がいります。USBチャージャーで充電した専用バッテリーにカートリッジとたばこカプセルを装着します。カプセル側から吸い込み、ベイパーの香りを楽しむという構造になっています。
カートリッジとたばこカプセルはセット販売で460円
 
スターターキット購入後は「たばこカプセル」だけを買えば大丈夫です。
1箱にカートリッジ1本とカプセル5個が入っており、カプセル1個で約50パフほど吸えるようになっています。※1パフ=1吸いと捉えてください。

現在の銘柄は「メビウス・フォー・プルームテック」だけですが、これから全国展開していけば種類も増えていくかと思われます。マルボロのみのiQOSよりもPloom TECHはJTが発売しているということで可能性が増えそうですね。

 

②iQOS(アイコス)との違いは?

・値段は圧倒的にプルームテックが安い
iQOSは希望小売価格が9,980円。値引きキャンペーンで約5,000円ほどになります。
一方、プルームテックの希望小売価格は4,000円!(キャンペーンで2,000円)と約半分の値段で購入できます。
 
・味は好みの問題ですが・・・
私は、プルームテックの方が断然好きな味でした。メンソール(ぶどう味)を吸ったのですが、味がアイコスよりも癖がなく、吸いやすいように感じました。アイコスは香ばしすぎて苦手だったので、これなら美味しく吸えるなぁと。
煙もしっかり出ますし、紙を燃やさないでカプセルの中のタバコ葉成分と水蒸気を吸うのでクリアな味でした。
 
・使い勝手もプルームテックに軍配
アイコスは、使っていて面倒なのが掃除と言いますよね。灰が出ないので、清潔感はありますが、葉っぱやニコチンの汚れがホルダーに付いてしまい掃除をする必要があるんです。掃除キットが付属してるくらいです。あとは、プルームテックに比べて大きいのがデメリット。しっかり指で固定しなければならないんです。チャージの待ち時間も億劫なことがあります。しかしアイコスは1回チャージャーすれば吸わなくても電力は消耗しますが、プルームテックは電力を消耗しません。
 
また、吸いたい時に2、3回だけ吸って置いておくこともできます。最大のメリットは、たばこカプセル使っている途中でも中断することができるところ。iQOSは1回たばこ葉を差し込むと、途中でやめることができないし、1回吸い終わる度にごみが発生するんですよね。しかし、これは1つのたばこカプセルで4本分吸え、途中でもやめることができるので、毎回ごみが発生しないのは便利です。
 

 

②購入場所は?

店舗内で発売しているのは福岡県のみとなっています。
先駆けでテストしているんですね。
オンラインショップはこちらから。
しかし・・・
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
予約が殺到しすぎたため、未定とのこと・・・
iQOSのように一気に全国展開しそうですね。
要チェックしておいて損はないのではないでしょうか。
 

名入れ対応 最新版 バージョンアップ仕様 新型 プルームテック スターターキット 【本体 電子タバコ Ploom TECH JT キャリーケース付 正規品 新品 2016年 名入れ たばこカプセル別 カートリッジ別 アイコスも販売中】

価格:16,320円
(2016/12/6 17:15時点)
感想(12件)

  1. 登録されている記事はございません。

関連記事

#ファッション
#PC 周辺/家電
#資格/スキル
#健康
#医療
#出会い/ウェディング
 
 
#弁護士/債務整理
#サービス
#ダイエット
#スキンケア
#エステ
#健康食品
#脱毛
#サイドビジネス/FX
ページ上部へ戻る