カテゴリー:【健康】【医療

【解説します】子供が転んだときに起きやすい骨折について… <健康/医療>

supracondylar_fracture_01
 子供(幼少児)で1番発症する可能性が高い上腕骨顆上骨折について解説します。
 
上腕骨顆上骨折
 
どのような骨折なのか。
鉄棒や登り棒などの高所からの転落、走っている際にこけて手をついてしまった場合などに好発します。上腕骨顆上骨折には伸展型と屈曲型の2種類が存在し、伸展型が95%を占めるといわれます。そのため屈曲型が起こることはかなり稀です。
 
症状。
疼痛(痛み)著明(運動痛、自発痛)、腫脹(肘関節全体)、異常可動性(関節以外の場所で骨が動く(曲がる)ことです)、軋轢音(あつれきおん、関節に損傷が起きた際、生じる関節雑音のひとつです)、肘関節の運動不能(肘関節の屈伸運動障害)、肘関節の幅と厚さの増大。橈骨神経損傷、正中神経損傷、尺骨神経損傷、変形などです。
ちなみに各神経がどこを通っているのか知らない方が多いと思うので、ここで詳しく書いていきます。
 
橈骨神経…上腕の小指側~肘関節の後ろ側~前腕の親指側を走行し主に上腕、前腕の伸筋群を支配します。
正中神経…上腕真ん中~前腕の真ん中を走行し、前腕の屈筋群、指の屈筋を支配しています。
尺骨神経…上腕真ん中~前腕の小指側を走行し主に指の筋肉を支配しています。
 
橈骨神経麻痺を起すと、下垂手、下垂指になります。
下垂手:手首の背屈と手指の付け根の関節(MP関節、中手指骨関節)が伸ばせなくなくなります。手首と指が下がった状態になります。第1関節(DIPとIP)と第2関節(PIP)は伸展可能です。
下垂指:手首の背屈は可能ですが、手指の付け根の関節の伸展ができなくなります。指のみが下がった状態になるので、下垂指と呼ばれます。後骨間神経という、運動神経のみが傷害された場合は感覚の異常はありません。
 
正中神経麻痺を起すと猿手になります。
猿手…母指球の筋肉が萎縮し,母指対立の障害 (親指が他の指と向かい合わない状態)が起こります。
 
尺骨神経麻痺を起すと鷲手になります。
鷲手…手の内側の筋肉が萎縮し、特に環指・小指の付け根の関節(MP関節 中手指骨関節)が過伸展し、第1・2関節が屈曲した形になります。 これをかぎ爪変形といいます。
 
特に橈骨、正中神経麻痺を起しやすいです。
 
骨折の骨片の転位。
201002171420242fb
上腕骨顆上伸展型
骨折線は横から見た際、前方~後上方に向けて走行し、下の骨が上の骨の後上方に転位します。
上腕骨顆上屈曲型
骨折線は横から見た際、後方~前上方に向けて走行し、下の骨が上の骨の前上方に転位します。
 
ちなみに上腕骨顆上伸展型は肘関節後方脱臼と非常に外観が似ており、誤診される場合もあります。そのため、見分けるための基準が存在します。
上腕骨顆上伸展型は肘関節後方脱臼の発生機序と同様に起こることが多いです。
ここで診断基準をのせておきます。
 

上腕骨顆上骨折伸展型骨折 肘関節後方脱臼
好発年齢 幼少児 青壮年
疼痛 限局性圧痛 連続脱臼痛
腫脹 速やかに出現 次第に出現
他動運動 異常可動性 弾発性抵抗
ヒューター線 肘頭正常位 肘頭高位
上腕長 短縮 変わらず

どんな治療を行うか。
【保存療法】
ギプスなどで固定することが多いです。
固定肢位
伸展型:肘関節90°~100°屈曲、前腕回内位(前腕を内側に捻った位置です)
屈曲型:肘関節80°~90°屈曲、前腕中間位(前にならえをした際になった腕の位置です)
固定範囲
肩関節~MP関節(手指の付け根の関節)手前まで。
固定期間
約4週間。
【観血療法】
上腕骨顆上骨折において骨折の骨片転位が大きい場合は、麻酔をし徒手整復後に肘の外側もしくは内外側の両方より、ワイヤー、スクリュー、プレートなどで固定する手術法が行われることがあります。通常は手術後、ギプス、シーネなどの外固定を追加することが多いです。
 
後遺症
フォルクマン拘縮、骨化性筋炎、屈伸(屈曲)障害、内・外反肘(多くは内反肘)
後遺症として内反変形を残したときは運搬角(CA)が減少します。
関節内骨折による血腫でファットパッドサインをみることがあります。
 
 
専門用語集
フォルクマン拘縮
前腕の屈筋群の循環障害による、血が止まって起きる拘縮です。小児の上腕骨顆上骨折のギブスを固く縛ってしまった時に多いです。
5つ主な症状があり、1、激痛2、蒼白(青白くなってしまうことです)3、脈拍消失(脈を測れなくなってしまいます)4、知覚異常(皮膚の感覚がおかしいことです)5、運動麻痺が起きます。
手指を他動的に背屈することで痛みが誘発されます。この症状が疑われる場合は24時間以内に筋膜切開(筋膜を切開することで筋の中の圧を下げ、助ける方法です)を行います。
 
骨化性筋炎
筋肉からの出血が血腫として筋肉内に溜まったして骨化します。
 
内、外反肘
腕をまっすぐに伸ばしたとき、肘のところから小指側(内側)に弯曲している変形を内反肘といいます。外反肘はその逆です。
 
限局性圧痛
指で痛めた箇所を押すと骨折部位に圧迫痛を触知するものです。
 
弾発性抵抗
弾発性抵抗は脱臼特有の症状で、正常な関節運動が出来ないです。他動的に無理矢理動かそうとしても、反発して脱臼した位置に戻ってしまいます。
 
ヒューター線
img_00103
ヒューター線とは上腕骨内側上顆、上腕骨外側上顆、肘頭を肘を伸ばした状態で結ぶ線です。この線が直線でいない時には脱臼を疑い、骨折の場合はヒューター線が直線です。
 
肘頭高位
肘頭の位置が通常より高い場合です。
 
運搬角(CA)
98523mg
上腕骨の軸に対して前腕骨の軸がなす角度のことです。
 
ファットパッドサイン
骨折などの外傷によって、関節内の血腫や粘液の圧が上昇すると、関節内にある脂肪が押し出され、X線を撮影した際に肘関節側面に映し出されます。




  1. 登録されている記事はございません。

関連記事

#ファッション
#PC 周辺/家電
#資格/スキル
#健康
#医療
#出会い/ウェディング
 
 
#弁護士/債務整理
#サービス
#ダイエット
#スキンケア
#エステ
#健康食品
#脱毛
#サイドビジネス/FX
ページ上部へ戻る