もう悩まない!最先端の自分でできるアルコール感受性チェックツール アルコール感受性遺伝子キットをご存知ですか? | トレフォロ [ trefollo ]

カテゴリー:【健康

もう悩まない!最先端の自分でできるアルコール感受性チェックツール アルコール感受性遺伝子キットをご存知ですか? <健康/ヘルスケア>


これは口腔粘や爪を採取することで、簡単にアルコール体質を遺伝子レベルでチェックできるツールです。単にお酒に強い・弱いだけでなく、お酒に関する自分の体質や、将来の健康への悪影響などがわかります。アルコール感受性遺伝子検査キットは、採取したサンプルを郵送するだけで分析結果が返ってきます。
 

アルコールとの付き合いにおいてひとつでも当てはまれば必須!

こんな方にお勧めできる検査キットです
 
•日常生活で飲酒習慣がある方
•飲酒により、二日酔いや体調が悪くなる方
•お酒を飲むと、顔が赤くなる方
•仕事柄、お酒を飲む機会が多い方
•お酒が飲めないのに、仕事柄飲み会など断れない方
•これから飲酒の機会が増えてくる20才の方
 

ADH1BとALDH2の2つのアルコール感受性遺伝子を分析

分析対象遺伝子は、ADH1B遺伝子(rs1229984)アルコール脱水素酵、ALDH2遺伝子(rs671)アルデヒド脱水素酵素です。
ADH1B(1B型アルコール脱水素酵素)
アルコールをアセトアルデヒドに変える酵素です。 ADH1Bの遺伝子形質(タイプ)によって、アルコールの分解能力が異なっており、体質(タイプ)によって「お酒が飲める体質か、飲めない体質かどうか」を判定します。 酵素活性の判定は「低活性型」「活性型」「高活性型」の3タイプになります。
ALDH2(2型アルデヒド脱水素酵素)
アセトアルデヒドを酢酸に変える酵素です。 ALDH2の遺伝子形質(タイプ)によって、アセトアルデヒドの分解能力が異なっており、体質(タイプ)によって「お酒が強いか、弱いか、飲めないかそして飲酒により健康への影響が高いか」を判定します。 酵素活性の判定は「低活性型」「活性型」「非活性型」の3タイプになります。
 
そのため、結果の正確性は他の追随を許しません。自分でできるアルコールチェックで、お酒と上手に付き合っていきましょう!



  1. 登録されている記事はございません。

関連記事

#ファッション
#PC 周辺/家電
#資格/スキル
#健康
#医療
#出会い/ウェディング
 
 
#弁護士/債務整理
#サービス
#ダイエット
#スキンケア
#エステ
#健康食品
#脱毛
#サイドビジネス/FX
ページ上部へ戻る