【解説します】歳を取ってきて肩が上がりにくくなったら | トレフォロ [ trefollo ]

カテゴリー:【健康】【医療

【解説します】歳を取ってきて肩が上がりにくくなったら <健康/医療>

歳をとるごとに段々と肩が上がりにくなってきたなと感じたら…
それはもしかしたら五十肩かもしれません。
 
五十肩
 
好発年齢
一般的に五十肩と呼ばれる疾患は、40歳以降に好発します。
 
原因
原因としては加齢や過労によると言われていますが、はっきりとした原因は不明で、肩関節の痛みと運動制限をきたす症状のことをいいます。
現在では五十肩いうのは何も誘発する原因のない、肩関節の痛みを伴った運動障害のことをいいます。
 
どういう時に痛みが発生するか
肩を上げて何かものを取ろうとした際、車の運転中に後部座席のものを取ろうとした際、肩を上げて水平な動きをした際、などに痛みが誘発されるといわれます。
 
症状
40歳以降で50~60歳代に多いといわれています。
症状は徐々に現れるものや、急激に現れるものなどがあり症状も一定ではありません。
筋肉が萎縮することも見られず、腫れや、熱感もありません。
生活動作においては髪を洗う、ドライヤーで髪を乾かす、エプロンのひもを結ぶ、洗濯物を干すなどの動作。後ろの物を取る動作などが困難となります。
 
症状ごとのステージ
症状には3つの段階があります。
1、炎症期
炎症期は2~12週間程度続き、痛みが最も強い時期です。肩の前方、もしくは奥の方に痛みを感じ、この痛みは上腕に広がることもあります。痛みは一日中続き、夜間も痛みがあるため睡眠が障害されます。服を脱いだり、着たりすることも困難となってきます。
この時期の運動は痛みにより制限することが多いです。
2、拘縮期
拘縮期は3~12ヶ月と長期に及ぶ場合もあり、拘縮が完成するとありとあらゆる動作が不便になり、日常生活にも支障をきたします。
痛みは炎症期に比べ軽減するが、就寝時の寝返りによる痛みで目が覚めてしまうこともあります。
肩を温めたり、お風呂に入ることによって症状が軽減されることが多いです。
3、解氷期
解氷期は拘縮が次第に和らいでいく時期で、日常生活動作の工夫や、肩を温めている間に少しずつ肩の動きが改善し、夜間痛も消失していきます。
 
各ステージごとの治療方法
1、炎症期
無理に動かそうとせずに、サポーターなどで肩を冷やさないように気を付ける。特に冬は肩が布団から出ないようにする必要があります。
2、拘縮期
ホットパックなどの温熱療法を接骨院等で行い、無理をしない程度にストレッチとコッドマン体操を行います。
031314_01
 
コッドマン体操とは別名アイロン体操といいます。
やり方としては、
(1)テーブルに痛くない方の手を衝き、前かがみの姿勢になります。

(2)痛む手の方に軽いダンベルか水の入ったペットボトルを持ち、肩の力を抜いて腕を下に垂らします。

(3)その後、(前後)(左右)(円を描く)運動を、それぞれ20回程度行い、最初は無理をせず1日に1セット行いましょう。 
段々と慣れてきたら、徐々に回数を増やし、前かがみの姿勢もどんどん深くして行きましょう。
3、解氷期
徐々に自分で動かす運動を増やしていき、ストレッチングなどを継続して行いましょう。




  1. 登録されている記事はございません。

関連記事

#ファッション
#PC 周辺/家電
#資格/スキル
#健康
#医療
#出会い/ウェディング
 
 
#弁護士/債務整理
#サービス
#ダイエット
#スキンケア
#エステ
#健康食品
#脱毛
#サイドビジネス/FX
ページ上部へ戻る