カテゴリー:【占い】【実践恋愛相談バイブル

【実践恋愛相談バイブル042】恋人が弱っている時にどう声を掛けるか<占い/実践恋愛相談バイブル>


恋人が体調不良でダウンしている時、意外と(特に男性は)何と声を掛けたら良いのか分からないことが多いもの。弱ってるからこそ、傍にいて精神的に力になってあげたいですよね。そこで今回は、「恋人が弱っている時にどう声を掛けるか」についてご紹介いたします。
 
質問
彼女が風邪を引いた時に どんな言葉をかけたらいいのでしょうか?(D・Sさん/24歳)
 
回答
「守る」というフレーズを取り入れていきましょう。可能なら、物理的に近くにいてあげると効果大です。

体調が悪かったり、自信を無くしたりした時って、優しくされると心に沁みますよね。もしもあなたの好きな異性がそんな状態にある場合は、言い方は悪いですが“チャンス”と考えて下さい。弱っている時こそ、好意を伝えやすいのです。特に女性の場合は、多かれ少なかれ「誰かから守って欲しい」という“庇護欲求”を持っています。これは、父親のように大きな存在から愛されたい、甘えさせてもらいたいという欲求です。そこで、あなたは父親のような気持ちで、「守る」というフレーズを随所に出しながら声を掛けてあげて下さい。例えば、LINEで「大丈夫?良ければ今からそっちにいこうか?」の一言を入れてあげたり、実際に側にいて「今、何か欲しいものはある?」と声を掛けてみて下さい。彼女に「この人なら私のことを守ってくれる!」と認識されれば、きっとあなたを男性として意識してくれるはずです。

 

■相手が自信を無くした時こそがチャンスに

体調不良や仕事や勉強などで上手くいかずに、自信を無くしている時って誰にでもありますよね。もしも彼女が自信喪失状態になっていたら、その時こそが彼女からさらに愛されるチャンスです。心理学においては、自分に自信を持っている時よりも、自信を失っている時の方が慰めてくれた相手に好意を抱きやすいという法則があります。自己評価が低くなっている状態の時に、優しくしてあげると相手が魅力的に感じるのです。彼女が落ち込んでいる時こそ、積極的に慰めてあげましょう。
 

■言葉よりも触れ合い(タッチング)を大切にしてみて

タッチング、すなわち身体的な接触は、自分自身の感情を伝える最も優れたコミュニケーションだとされます。心理学者マスターズとジョンソンいわく「効果的なセックスはコミュニケーションの極みである」と語っています。相手の身体に触れるという行為は、実は言葉を並べるよりも、はるかに有効なのです。彼女にもっと愛されるためには、「好き」と言うよりも黙って優しく相手の身体に触れるようにしてみましょう。親密度がグッと上がるはずです。
 

■相手が弱っている時にかけてはいけないのは「〇〇〇〇」

つらいとき、苦しいときに相手から掛けられたくない言葉ってありますよね。でも、励ます側はよくやりがちなフレーズがあります。それは「ガンバレ」の一言。苦しい時に掛けられる「ガンバレ」は、けっこうしんどいもの。「こっちはもう頑張ってるのに、まだ頑張れって言うの?」と嫌な気持ちになることも少なくありません。相手が弱っている時には、“ありのまま”を受け入れてあげましょう。頑張れない自分でも受け止めてくれるという安心感が、信頼に繋がっていくはずです。

 
彼女や彼氏が弱っている時に、どんなアクションを取れば良いか分からない…… という悩みは、意外と多いもの。でも、そんな時は「昔、自分が子供だった頃、親にしてもらったこと」を思い出してみて下さい。きっと、優しく包んでくれた思い出があるかと思います。“包容力”という言葉がありますが、弱っている相手にこそ、包容力は最大の武器になるのです。
(脇田尚揮/ライター)
 


トレフォロ恋愛相談室LINE
お悩み受付中!LINE登録 ▶︎Click♡◀︎
  1. 登録されている記事はございません。

関連記事

#ファッション
#PC 周辺/家電
#資格/スキル
#健康
#医療
#出会い/ウェディング
 
 
#弁護士/債務整理
#サービス
#ダイエット
#スキンケア
#エステ
#健康食品
#脱毛
#サイドビジネス/FX
ページ上部へ戻る