カテゴリー:【占い】【実践恋愛相談バイブル

【実践恋愛相談バイブル041】年の差を埋めるためのテクニック <占い/実践恋愛相談バイブル>


「愛に年齢は関係ない」とはよく言われますが、実際に女性側が年上で男性側が年下のカップルとなると、少し気にしてしまうこともありますよね。そこで今回は、「年の差を埋めるためのテクニック」についてご紹介いたします。
 
質問彼氏と年の差があります。年の差を埋めるにはどうすれば・・・(K・Oさん/34歳)
 
回答必要以上に気にせず、そして年下彼氏をあまり甘えさせない事がポイントです。

女性側が年上だと、どうしても年齢の差を気にしてしまい、周囲からの目も意識してしまいがちですよね。そして、自分が“お姉さん”ということもあり、「リードしてあげなきゃ」と思うことも少なくないでしょう。でも、必要以上に気にして彼を甘やかすのはNG。どんどん彼が付け上がってしまいます。「年上の私と付き合えて幸せ者だね」くらいの強気な姿勢と、「自分のことはキチンと自分でやりなさい」という気持ちを持って接することが大切。彼から嫌われないように振る舞うのはNGです。彼から尊敬されれれば、彼もあなたを離したがらないはずです。

 

■お互いに自分の時間を大切にする

年の差が離れていると、生活リズムが違っていたり趣味や交友関係が異なっていたりするため、どうしてもお互いが合わせようと無理をしてしまいがちな部分も。でも、それだといずれ歪みが生じてしまいます。だからこそ、お互いに自分の時間を大切にするように心がけましょう。そして、それを共有することができれば、毎日“発見の連続”が楽しい刺激的なカップルになれるでしょう。
 

■マザコン傾向が強い男性をどうするか

年下女性には、母親が大好きな男性、いわゆるマザコン傾向が強い男性が好意を抱きやすいとされます。年下男性から好かれるのは嬉しいことかもしれませんが、あなたが彼にとって“お母さん”になってしまってはいけません。精神的にも経済的にもかなりの負荷がかかってしまいます。年下だからと言って彼を甘やかさず、男として自立を促すことで素敵な関係になれるはずです。
 

■周囲の目を気にしないこと

年上女性と年下男性の組み合わせで、意外と気にしてしまいがちなのが“周囲からの目”や“相手の両親の反応”だと言えます。5歳差ならまだ何とかなりますが、一回り近くも離れていると、さすがに申し訳ない気持ちになってしまう場合も少なくないでしょう。でも、そこでひるむのはNG。自分が自分らしく振る舞えなくなってしまいます。そうなると、関係が余計にギクシャクしてしまい、二人の間に亀裂が入ることも。価値観は、周囲からの目で振り回されるものではなく、自分たちで決めるということを忘れないでください。

 
男性にとって年上の女性と付き合うことのメリットは、かなり大きいものです。年下女性は男性には分からない細やかな機微を丁寧に教えてくれることもあり、ケンカになりにくいとされています。また、男女が張り合おうとしないので、価値観の違いを受け入れやすいという利点もあります。お互いの視野が広がる、そんな素敵な付き合いができる、それが“年の差カップル”なのです。
(脇田尚揮/ライター)
 


トレフォロ恋愛相談室LINE
お悩み受付中!LINE登録 ▶︎Click♡◀︎
  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る