カテゴリー:【占い】【実践恋愛相談バイブル

【実践恋愛相談バイブル028】 長い付き合いの彼に結婚を決意させるためのテクニック <占い/実践恋愛相談バイブル>

付き合って長くなるのに、彼がいつまでも結婚に対して煮え切らない……  結婚を意識している女性にとっては、切実なお悩みです。どうすれば彼からプロポーズしてもらえるのでしょう。そこで今回は、長い付き合いの彼に結婚を決意させるためのテクニックついてご紹介いたします。
 

質問今の彼氏と結婚したいのですが、彼氏はまだしたくないと言います。 もう4年も付き合っていて、私は今の彼氏と結婚したいです。どうすれば結婚する気になってくれますか?(E・Tさん/28歳OL)

 

回答お互いの親を味方につけ、良妻になることをアピールするようにしましょう。

4年のお付き合いとのことですが、彼を自分の両親に会わせましたか? また、彼の実家に行って彼の両親に会いましたか? 結婚する上でキーパーソンになってくれるのは、実は「お互いの両親」です。なぜなら、適齢期の子供を持つたいていの親は、結婚して身を固めて欲しいと考えているからです。しかし、そこで大切なのは、“良妻”になるというアピールです。たいてい男性は自分を褒めてくれたり、応援してくれる女性が好きです。結婚後を想像して、自分を言いくるめてくるような相手は敬遠してしまうでしょう。また、「胃袋を掴む」という言葉にもあるように、料理が上手だというのもポイントになってくるはずです。
 

 

■彼の両親と親しく付き合えるように

お互いの両親に「付き合っている」と紹介していて、家族ぐるみの付き合いをしていると結婚の確率は格段に上がります。結婚するのが当たり前のような雰囲気ができあがるので、成り行きのまま結婚まで進めることができるのです。心理学的に、人間は現状を変化させると多大なストレスを感じる生き物だとされます。そのため、初めから結婚する方向に意識を向けておけば、その方向に向かうことを“維持”しようとする気持ちになるのです。ちなみに、親に紹介されるのを拒否するような彼氏は、結婚する意志が無いかもしれません。

 

■環境の変化を味方につけて結婚へ踏み出す

人間は、数あるストレスの中でも“環境の変化”に最もストレスを感じるとされています。そのため、引っ越しや転勤、就職や転職のタイミングは、精神的にも不安定になりがち。そこで、「私がついているから」と彼の支えになり、頃合いを見て「いい機会だから……」と結婚話を切り出すと、驚くほど彼のプロポーズを引き出せるようです。もちろん、あなた自身が転職、引っ越しをするのを機に、結婚話をするのもアリ。「俺がついていてやらなきゃ」と一念発起する男性も意外といるようです。環境の変化を味方につけてみましょう。

 

■最終手段は“締切”を設けて焦らせてみること

結婚は現実的なもので、恋愛と異なり、意識させるにはしぐさや態度などだけでは難しいものがあります。そのため、しっかりとお互いの会話の中で結婚を考えているのかどうかを認識し合う必要があります。「子供欲しいね」「将来のために貯金しようよ」など結婚後の話を交えた会話を振ってみて、反応が悪ければ“焦らせる”作戦も効果的かもしれません。もし、彼があまりにものらりくらりと結婚を先延ばしにするようなら「結婚しないなら別れる」と最後の手段に訴えるのも効果的かもしれません。ただし、あなたにもそれ相応の覚悟が必要なので、これはあくまで最終手段です。

男性は得てして結婚に対して消極的であることが多いと言えます。というのも、結婚すると自分の自由が減り、しかも金銭的にもプレッシャーがかかるからです。反面、女性は妊娠して出産したいという願望があれば、ある程度の年齢に達すれば結婚への意欲が高まっていきます。このギャップをいかに埋めるかが、結婚への近道かもしれません。いかにプレッシャーをかけず、自然な流れで彼に結婚を決意させるかがポイントなのです。
(脇田尚揮/ライター)



トレフォロ恋愛相談室LINE
お悩み受付中!LINE登録 ▶︎Click♡◀︎
  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る