カテゴリー:【占い】【実践恋愛相談バイブル

【実践恋愛相談バイブル026】 女性を食事に誘うためのテクニック<占い/実践恋愛相談バイブル>

好きな女の子と一緒に食事をしたいというのは、男性側の切実な望みですよね。でも、誘ってあえなく撃沈となると、次に誘いにくくなってしまうもの。彼女は自分を嫌いなのか、それともタイミングが悪かったのか、すごく悩んでしまいますよね。そこで今回は、女性を食事に誘うためのテクニックついてご紹介いたします。
 

質問女の子に食事を誘って断られました。本当に駄目なのか、行きたくなくて断ったのかの見分け方が知りたいです また、何回まで断られてもOKですか?(S・Tさん/29歳会社員)

 

回答女性を食事に誘ってダメでもリカバリーはききます。ただし、チャンスは3回まで。
 
女性を食事に誘うということは、きっと男性側に好意があること前提ですよね。食事の誘いで3日以上感覚を空けて連続で3回断られたら、それは「NO」と等しいと思っておきましょう。それ以上は誘っても嫌われるだけです。ただ、リカバリーは可能です。そのためには、「小さな勝負」を積み重ねることがポイント。食事に行くことよりもハードルの低いお願いをすると良いでしょう。例えば、「メールしようよ」と比較的OKを貰いやすい誘いを持ちかけられると、女性の心理として「食事に行くのはイヤだけど、メールするのは良いかな」と、頭の中で許可が下ります。それを何度も繰り返していくと、そのうち食事もOKが出やすくなるのです。これを心理学では、「フットインザドアテクニック」と言います。
 

 

■先に叶えられそうにない願いから言ってハードルを下げる方法

先の「フットインザドアテクニック」は段階的に許しを貰って、目標を叶えるという方法でした。しかし、この方法と全く逆のアプローチもあります。それは「ドアインザフェイステクニック」。この方法は、まず最初に確実に断られるであろうお願いを提示し、その後に目標とするお願いを提示することで、「それくらいなら良いかな」と相手のガードを下げさせる方法です。例えば、「ねぇ、今度ホテル行こうよ」と女性に持ち掛け、「何言ってんの、バカじゃない?」と切り返されたら、すかさず「じゃあ、食事なら良いよね」と言うのです。そうすれば、「食事くらいなら良いか……」とOKされやすくなるのです。
 

■食事に誘うなら知り合って〇〇〇以内が勝負!

もしもあなたが女性を食事に誘おうとするのなら、勝負は知り合って「3か月」以内だと言えます。女性は男性を出会った瞬間に「アリ」か「ナシ」かを大体判断しています。そして、そこから3か月の間に、その判断が固定化されて、それ以降はそれが覆ることはなかなかありません。そのため、時間をかければかけるほど、逆に成功率は下がっていくのです。好きな子を食事に誘う場合は、スタートダッシュが肝心なのです。
 

■女性を食事に誘う上でやってはいけないのは〇〇〇〇期間中

女性を食事に誘う上で、やってはいけないタイミングがあります。それは長期休暇やしばらく会っていない状態で誘うことです。長期休暇は誘いやすいと考えがちですが、その間は他のスケジュールを入れていたり、実家に返ったりと他に楽しいことをしている可能性が高いと言えます。そのため、あまり興味のない段階では、あなたからの誘いのことなんて目もくれないでしょう。また、しばらくぶりに誘うのもNG。ある程度会う頻度が高い状況下で誘わないと、温度感にギャップがあるため警戒されて断られる確率が高くなるのです。
 

女性を食事に誘うことは、意外と難しいと感じた方も多いでしょう。しかし、守るべきルールは、知り合って3か月以内に3回、長期休暇をさけること、ある程度合う頻度が高い状態という3点のみです。そこに、心理テクニックを適宜入れていけば、OKを貰える可能性は高まるでしょう。でも、本当に大切なのは「食事中の会話」と「食事後の関わり方」です。食事に誘えたは良いけど、そこで関係を悪くする場合もありますから……。
(脇田尚揮/ライター)



トレフォロ恋愛相談室LINE
お悩み受付中!LINE登録 ▶︎Click♡◀︎
  1. 登録されている記事はございません。

関連記事

#ファッション
#PC 周辺/家電
#資格/スキル
#健康
#医療
#出会い/ウェディング
 
 
#弁護士/債務整理
#サービス
#ダイエット
#スキンケア
#エステ
#健康食品
#脱毛
#サイドビジネス/FX
ページ上部へ戻る