カテゴリー:【Love♡blood】【占い

【Love♡blood ~私と彼の出逢い~】 B型女×A型男 血液型攻略エッセイ005 <占い/Love♡blood>

 

血液型攻略エッセイ  Love♡bloodラブラッド ~私と彼の出逢い~

この血液型攻略エッセイは、それぞれの血液型4種類の男女が出逢い、付き合い、そして結婚するまでの人生を、4×4=16のストーリーとして、紹介していくもの。16組の恋の始まりは同じ出会いの場なのに、血液型の違いから全く違った未来になって行く…それぞれの血液型の男と女が織りなす恋物語を、ストーリーテラーが紡いでいきます。さあ、それでは今日も「16通りの運命の扉」を開いてみましょう!

 

(登場人物)
B型女性:木下桃子きのしたももこ 愛称:もも 24歳 蟹座 アパレル勤務
A型男性:山岡誠やまおかまこと  愛称:まこちん 28歳 乙女座 教師

 

【Case 2-1.B型女性・木下桃子とA型男性・山岡誠の出逢い】

 

プロローグ

 

第一印象って、すごく大事だと私は思ってる。
だって、最初から「この人、無い」って思った瞬間、もう興味なくなっちゃうんだもん。

人生はそんなに長くないから。
自分の好きなことをしたいし、好きな人と付き合いたい。
そうじゃないと、勿体ないもん。

それが私のポリシー。
ずっと、そう思って生きてきた―――

その日、自宅で晩酌をしながら、もう寝ようかとおもっていたときのこと。大学時代の友人・美智子が、「合コンをしよう!」って誘ってくれたのがすべての始まりだった。

私は、合コンで出会いを見つけるっていうよりも、その場の空気というかノリが好き。

しかも、その日は土曜日なのに休みだしね。いつもなら土日は、ほぼお店に立っているんだけど、たまたまシフトの都合で休みなんだ。

美智子に、二つ返事で“OK!”と返す。

ちょうど彼氏もいないし、もしいい男がいたら、連絡先交換しちゃおっかなぁ。

大学時代は、よく週末に合コンしてたなぁ……
懐かしい。

社会人になってから、忙しくてそんなヒマなかったからなぁ。
これは神様がくれた良いチャンスかもね!

久々の合コン、腕が鳴るわ……!

当日何を着ていくかを考えながら、私は眠りにつく―――

 

二人のファースト・コンタクト

 

もぉ、やだぁ。
せっかくの合コン、気合を入れてたっていうのに、あいにくの雨だなんて。

土曜日7時台の麻布行き電車は、やはり混んでいる。かなりギュウギュウだ。
隣の女の香水がキツイ。

メイクとヘアスタイルをバッチリ決めて、前日に社員価格で買った新作の服まで準備しといたっていうのに、テンション下がっちゃう……。

待ち合わせは午後8時に麻布か。
この様子だと、確実に遅刻ね……。

でも、雨なんだし、ちょっとくらい遅れても問題ないよね。

―――駅に着いたのは、8時10分だった。

一回、美智子に「遅れるかも~」ってLINE入れてるから、大丈夫っ、と。
雨は有難いことに上がっているし、さぁ、これからが勝負ね。

少し小走りにお店を目指していたら…… あった!!
え~と、“フィレンツェ”か。言いにくい名前ね。

お店の前に立ち、一度深呼吸をしてドアを開ける。

「桃子ぉ、遅いよ~」
『ごっめ~ん!! 途中で電車が止まっちゃってさぁ……』

本当はメイクに時間がかかって、家を出るのが遅れたんだけど、そこはご愛敬。
顔の前で手を合わせて、できる限り可愛く謝ってみせる。

「待ちくたびれたよ~。ま、遅れたもんはしゃあないわ。ほら、ここの席に座って」

こういうところが、美智子ってやりやすいのよね。助かるぅ~。

席に座るついでに、すかざず初見の男二人を値踏みする。

ひとりは、なかなかのイケメンね。いかにも女慣れしてるって感じだわ。
ん~でも、ちょっとチャラいかな。
ジャラジャラと貴金属つけてて、あり得ない~

もうひとりは……、何か真面目でカタそうな男ね……
顔は悪くないけど、話してて面白くなさそう。
カッターシャツに紺のカーディガン。経験上、飲み会のムード壊すタイプだわ。

う~ん、二人とも“イマイチ”ね。
ま、楽しく飲んで、日頃のウサを晴らすって感じかしらね。

私は美智子の横、壁側に座る形になり、その横に。
さっきのマジメ君に向かい合う形になった。

「ふぅ、落ち着いたわね。じゃあ、取り合えず皆、“生”で大丈夫?」

美智子がオーダーを取ろうとする。

すると

「あ、すいません。私はウーロンハイ薄めでお願いします」

マジメ君が、さっそく空気を悪くする。

「誠さん、ビールダメなんですか?」
「炭酸が苦手で……」

やっぱり私のカンは大当たり。
このタイプは、飲み会の空気を悪くするタイプだったわね。

つまんない人。

一通り注文した後、自然と“自己紹介”の空気に。
美智子を筆頭に、まるで“儀式”のようなそれが始まる。

美智子の次は私ね。

『初めまして。さっきは遅れてゴメンなさい。木下桃子って言います。アパレル勤務です。みんなからは、“もも”とか“ももピー”って呼ばれてるので、是非あだ名でよんでやって下さい♪』

フフ……
もう、合コンは始まっているのよ。

私お得意の「あだ名で呼ばせる」ことで、距離を詰める作戦実行ね。

「“もも”か…… 超カワイイ名前じゃん。じゃあ、オレのことは“セイヤ”って呼んでよ」

チャラ男だ。
こういうやりやすい男って、良いわぁ~、楽で。

『はい! “もも”と“セイヤ”でいきましょう♪』

そう言って、私は正面に座っている“ウーロンハイ君”に“ニコッ”と微笑みかけた。

「……あ、私の番ですね。私は、山岡誠と言います。高校で社会科の教師をやってます。よろしくお願いします。」

カタい! カタ過ぎる!
何なのこの人~

せっかく振ってあげたっていうのに、何この空気。
だんだん腹立たしくなってくる。

何だか苛めたくなる男―――

これが、この山岡誠と私の最初の出逢い、そして印象だった。

(Case 2-1 終)

 

 

■ストーリーテラーからの一言
B型の女性は、自分の好みやポリシーを大切にするタイプ。しかし、場の雰囲気を読むのが得意なので、男性女性問わず友人は多く、遊び友達には事欠かないでしょう。やや時間にルーズなところがありますが、愛嬌があるので許されるキャラです。マイペースなように見えて、意外と周囲の人のことをよく観察しており、A型男性のように自分をさらけ出さないタイプは、イジりたくなるようです。A型男性は礼節を持って接しているつもりでも、B型女性にとっては、何か他人行儀に感じられてイラっとすることが多いでしょう。

⇒B型女×A型男の詳しい相性はこちら
(脇田尚揮/ライター)
 


トレフォロ恋愛相談室LINE
お悩み受付中!LINE登録 ▶︎Click♡◀︎
  1. 登録されている記事はございません。
#ファッション
#PC 周辺/家電
#資格/スキル
#健康
#医療
#出会い/ウェディング
 
 
#弁護士/債務整理
#サービス
#ダイエット
#スキンケア
#エステ
#健康食品
#脱毛
#サイドビジネス/FX
ページ上部へ戻る