カテゴリー:【Love♡blood】【占い

【Love♡blood ~私と彼の出逢い~】 AB型女×AB型男 血液型攻略エッセイ032 <占い/Love♡blood>

 

血液型攻略エッセイ  Love♡bloodラブラッド ~私と彼の出逢い~

この血液型攻略エッセイは、それぞれの血液型4種類の男女が出逢い、付き合い、そして結婚するまでの人生を、4×4=16のストーリーとして、紹介していくもの。16組の恋の始まりは同じ出会いの場なのに、血液型の違いから全く違った未来になって行く…それぞれの血液型の男と女が織りなす恋物語を、ストーリーテラーが紡いでいきます。さあ、それでは今日も「16通りの運命の扉」を開いてみましょう!

 

(登場人物)
AB型女性:涼宮麗奈すずみやれいな 愛称:れい 25歳 天秤座 漫画家
AB型男性:風間伸治かざましんじ  愛称:しんじ 27歳 水瓶座 システムエンジニア

 

【Case 4-4.AB型女性・涼宮麗奈とAB型男性・風間伸治の合コン】

 

合コンにて

 

私は、好き嫌いがとても激しい。

だから、興味のある話には前のめりになるくらい聞き、語るけど、興味のない話はほとんど聞いていないし話の中に混ざろうともしない。

そのため、関りを持つ人間関係もかなり狭いだろう。

しかし、そんな私に輪をかけて、この風間伸治は“自分の世界”を持っている。
そう感じざるを得ない男だった。

周囲に合わせようとせず、好きなドリンクを飲み、
前菜がテーブルに並んでも、嫌いな野菜には手を付けない。

そして、興味のない話には口をつぐむけど、
好きな話の内容を語らせると、マシンガンの様に矢継ぎ早に語る。

おそらく、彼のようなタイプに好意を持つ女子は、そう多くないだろう。

でも……

私は、そういう男性は“好みのタイプ”だったりする。

―――「レイ、何ボケっとしてんの?」

美智子の言葉で現実に引き戻される。

「また、ボ~っとしちゃって」

『ああ、ちょっと考え事してた、あはは。』

「ホント、あんたって天然だよね」

『天然…ねぇ……』

「涼宮さんも“天然”って言われるんですね。ボクもよくボケてるって言われます」

風間さんが話に入ってくる。

「確かに、風間さんもちょっと天然っぽいかも」

『うん、かなり変わってる』

「ちょっと、レイ失礼でしょ!」

美智子が小声でたしなめる。

「いやいや、ボクにとっては“変わってる”っていうのは、誉め言葉ですから」

へぇ、私と同じだ。
私もよく“変”って言われることが多い。

でも、それは私にとってはそんなに嫌なフレーズじゃない。

『風間さんは、普段仕事ではどんなことをやってるんですか?』

「ボクですか? システムエンジニアなので、いつも遅くまでプログラムを書いてますよ。」

『そうなんですね! 私も毎日のように徹夜で描いてます』

「え? 何を描いてらっしゃるんですか?」

『あ、申し遅れました。私、漫画家なんです』

「うわ~!! ホントですか!? えっ、凄い! 何というペンネームでやっていらっしゃるんですか?」

急に食いついてくる。

『“七瀬麗美”で描いてます。』

「おおお! あの、“教えて☆ユアハート”の!!」

風間さんが突然興奮して大きな声を出す。
周りの客たちが一斉にこちらを振り向く。

この人、本当に面白い。

「あり得ない! 神だ! 神がいる!」

「ちょっと、風間さん、声が大きいですよ!」

美智子があたふたしている。

「いやぁ、美智子さん、今日は参加させてくださり、本当に有難う! 感謝だよ!」

それからはずっと漫画や私の作品の話が、風間さんの口からポンポンとずっと飛び出し続けた―――

こんなに熱心なファンもいるんだと、私自身が感動してしまう。

描いた私本人すら忘れているようなことまで、こと細やかに知っているなんて、オタクの域を超えてる。

『美智子、ゴメンね』

合コンというよりも、むしろファンとのオフ会みたいになってしまった。

「ううん、しかし、風間さん、凄いね。予想の斜め上をいってたわ……」

店を出ると、隣に風間さんが。
私をピッタリとマークしている。

「麗美先生、あの!」

『風間さん、“先生”はやめて下さいよ。こそばゆいですから』

「あっ、スイマセン! 涼宮さん、良ければLINEを交換してもらえませんか?」

『……そうですね、良いですよ』

一瞬考えて、OKする。
男性とメルアドを交換するなんて、仕事以外では全くない。

でも、風間さんなら大丈夫だろう。

ああ、でも、
褒められると、自分でも嬉しいものなんだな。

湿り気を帯びた夜風も、少しも気にならなかった―――

(Case 4-4 終)
 

 

■ストーリーテラーからの一言
AB型女性とAB形男性は、恋仲として発展するには“フィーリング”がすべてだと言えます。価値観や趣味が一致していれば、これほど楽しい相手はいないでしょう。でも、そうでない場合は、全く食指が動かないことも。お互い、他人のテリトリーに必要以上に干渉しないので、何となく安心感があるのもポイントが高いと言えます。周囲からすると、ちょっと変わったカップルに見えるかもしれません。

(脇田尚揮/ライター)

⇒AB型女×AB型の詳しい相性はこちら
⇒AB型女×AB型の第一話はこちら


トレフォロ恋愛相談室LINE
お悩み受付中!LINE登録 ▶︎Click♡◀︎
  1. 登録されている記事はございません。

関連記事

#ファッション
#PC 周辺/家電
#資格/スキル
#健康
#医療
#出会い/ウェディング
 
 
#弁護士/債務整理
#サービス
#ダイエット
#スキンケア
#エステ
#健康食品
#脱毛
#サイドビジネス/FX
ページ上部へ戻る