【Love♡blood ~O型女×B型男 ~】 第1話 プロローグ 血液型攻略エッセイ | トレフォロ [ trefollo ]

カテゴリー:【Love♡blood】【占い

【Love♡blood ~O型女×B型男 ~】 第1話 プロローグ 血液型攻略エッセイ <占い/Lovea&blood>

 

血液型攻略エッセイ  Love♡bloodラブラッド ~私と彼の出逢い~

この血液型攻略エッセイは、それぞれの血液型4種類の男女が出逢い、付き合い、そして結婚するまでの人生を、4×4=16のストーリーとして、紹介していくもの。16組の恋の始まりは同じ出会いの場なのに、血液型の違いから全く違った未来になって行く…それぞれの血液型の男と女が織りなす恋物語を、ストーリーテラーが紡いでいきます。さあ、それでは今日も「16通りの運命の扉」を開いてみましょう!

 

(登場人物)
O型女性:永井圭子ながいけいこ 愛称:けい 26歳 牡羊座 エステティシャン
B型男性:久本直樹ひさもとなおき  愛称:なお 27歳 魚座 営業職

 

【O型女性・永井圭子とB型男性・久本直樹の出逢い】

 

プロローグ

 

今日も一日が終わった。

最後のお客様をお見送りして、クローズ作業に入る。

この仕事に就いてから、もう3年。
今では、店長としてお店のことを任せてもらえるようになった。

自分的には、今の境遇に満足している。
……恋愛以外は。

時計に目をやると、もう10時をまわっている。

『フゥ……』

小さな溜め息をひとつ。

『昔は結構モテたんだけどなぁ。』

誰もいないお店で独り言をつぶやく。
もう恋はこの2年していない。

『よっ……と。』

ガラガラとお店のシャッターを下ろす。

そろそろ相手を見つけないと、このまま年を取って……
あっという間に“三十路”になっちゃう……

仕事が楽しいからって、恋をそっちのけにし過ぎたかなぁ。

今夜は新月。真っ暗だ。
職場は自宅から歩いて10分だけど、私だって女だ。
夜道の一人歩きは心細い。

灯りの代わりにスマホを開く。

『ん?』 

美智子ちゃんからLINEが来ている。
珍しいな。何だろう……

美智子ちゃんは、お客様の紹介で知り合った飲み友達だ。
自分がほとんどLINEをしないからか、あまり頻繁に連絡を取り合うことは無い。

なになに……

「圭さん、お疲れ様です! 来週の店休日、火曜日に合コンしませんか?」

なんと!
久しぶりの響き。これは、きっとチャンスね。

私は二つ返事で“OK”を出した―――

 

二人のファースト・コンタクト

 

雨降ってる……。

いつも使っている赤い傘をさす。
そして、靴が濡れるのも構わず、足早に駅へと向かう。

遅刻だけはしちゃダメだよね。
急ごっと。

麻布行きの電車は…… あ、もう出る直前だ!
急いで電車へ乗り込む。

はぁ、ギリギリのところで乗車。
中・高時代、バスケ部で鍛えた甲斐があるってもんよ!

電車の中は平日だからか比較的空いている。
一息つくと、何だか少しずつ緊張してきた。

合コンに参加すると、いつも“お世話係”になってしまって、結局次に繋がらないっていうパターンがほとんどなんだよなぁ。

どうもお節介をしたくなる性格が、合コンでは裏目に出ることが多く、これまでの合コン成功率は0%。

メイクやファッションを試行錯誤してもみたけど、どうも色気がないんだよね、私って。

ま、考えても仕方ないか。やるしかない!

―――「次は麻布駅」

インフォメーションが入る。

時間は7時50分。これなら間に合うはず。

麻布駅で降り、待ち合わせ場所へと向かう。

待ち合わせのお店が見えてきた。
でも、まだ誰もいない……。

少し早く着き過ぎちゃったかな、、
いや、でも5分前だし。そろそろ誰か来たっていいはずだよなぁ。

時間にルーズな人は、あまり好きじゃない。
お客様商売をしているからか、ここ最近、時間に厳しい癖がついたようだ。

「すいませ~ん!」

腕時計を見ていると、聞きなれた声。
美智子ちゃんともうひとりの男の人が走ってくる。

「圭さん、幹事なのに遅くなってゴメンなさい!」

『私もさっき着いたばかりだよ~。そんなに焦らなくても』

「濡れませんでした?」

『うん、そんなに濡れてないよ。てか、美智子ちゃんたちの方がぬれてるじゃん。早く入ろ?』

二人を店内へと促し、ウェイトレスにテーブルを尋ねる。

「あちら、一番奥の席をお取りしております。」

『有難うございます。すいませんがタオルを三枚頂けますか?』

「あっ、はい。少々お待ちくださいませ」

濡れて風邪引くといけないからね。
私も、足元はびちゃびちゃだし……

「圭さん、気を利かせてくれて、有難うございます。」

『あはは、そんなに緊張しなくても。いつもの美智子ちゃんじゃないみたい。……ところでさ、今日の合コンって3人だったっけ?』

「いえ、もうひとり来るんですが、ちょっと遅れてて……」

『そっか、じゃあ先にはじめとこっか』

「そうですね」

テーブルに座り、ウェイトレスからタオルをもらって、いざ自己紹介をしようとした矢先―――

「すんません! 遅れちゃいました。」

最後のひとりがやってきた。

茶髪に遊び人風のチャラい男。
時間は8時10分。

「良かったぁ。久本さん、連絡無いんだもん。ちょっと心配しましたよ~」

「ああ、ゴメンゴメン、携帯の充電きれちゃって。あ、すいません、コンセント借りて良いですか?」

そのチャラ男は何とも悪びれた様子なく、私の席の下のコンセントにスマホ充電器を差し込む。

少しムッとする。

「あ、すいません。自分、久本直樹って言います。今日はヨロシクお願いします」

頭を掻きながら、その男は会釈した。

腹立たしいけど、何だか憎めないヤツ……

―――これが、久本直樹と私の最初の出逢いだった。

 

■ストーリーテラーからの一言

O型女性はルールや約束事を守らない相手には、かなり厳しい評価を下しがち。その点、B型男性はややマイペースなところがあるため、「ちゃらんぽらんな人」という印象になるでしょう。でも、人の感情に敏感なB型の男性は、O型女性のピリッとした空気にいち早く気づくことができるタイプ。彼なりのフォローが入るので、O型女性も「何とも憎めない」と感じることが多いでしょう。ケンカしつつも仲良し、という表現がピッタリのふたりなのです。

⇒O型女×B型男の詳しい相性はこちら
⇒O型女×B型の第二話 合コンにて
⇒O型女×B型の第三話 付き合いのきっかけ
⇒O型女×B型の第四話 そして交際へ…

(脇田尚揮/ライター)
 


トレフォロ恋愛相談室LINE
お悩み受付中!LINE登録 ▶︎Click♡◀︎
  1. 登録されている記事はございません。

関連記事

#ファッション
#PC 周辺/家電
#資格/スキル
#健康
#医療
#出会い/ウェディング
 
 
#弁護士/債務整理
#サービス
#ダイエット
#スキンケア
#エステ
#健康食品
#脱毛
#サイドビジネス/FX
ページ上部へ戻る